やわためばえ

ルテインの白内障への効果

お盆やお正月で帰省された時、祖母や両親の黒眼を見てください、白く濁っていませんでしたか?
白内障は、中年から発症が始まり加齢とともにそのリスクは増加、80代になると90%以上の方が発症する誰でもなる可能性のある眼病なので、あなたのご両親や祖父母が発症していても何らおかしくない眼病です。

 

白内障は黒眼の先にある水晶体が白く濁る結果、黒眼が白くなります。
白内障になると、光が乱反射するため、少量の光でも非常にまぶしく感じ、目を開けるのがつらなくなるなどの支障がおこります。

 

そんな白内障の予防に効果的なのがルテインです。
水晶体が濁る原因となるブルーライトや紫外線を除去する力がルテインにはあるからです。

 

もともと、黒眼や水晶体や黄斑部にルテインが多く存在しているのですが、紫外線やブルーライトが目に入ると活性酸素を抑える働きをするため消費されていきます。
消費されたルテインは体で作り出せないため食物で摂取するしかありません。

 

冬ならばほうれん草や夏ならば、カボチャなど季節の食材を積極的に食べるとより多くのルテインを摂取できますが、ルテインが多く含まれているといわれているほうれん草でも1束食べなければ、1日に必要なルテインは摂取できないといわれています。

 

そこで、ルテインが配合されている【やわたのめばえ】なら一日に必要なルテインが1粒で摂取できるので手軽に白内障予防ができるようです。