やわためばえ

やわためばえの成分ルテイン

 

やわためばえはルテインに特化したサプリです。

 

原料もイチョウ葉エキス粉末 / マリーゴールド色素になっています。
やわたの言えばアントシアニンが多く含まれるブルーベリーサプリが有名ですが、ルテインとアントシアニンでは眼への働きが異なるため
目の中に元々あるルテイン、体の中ではつくることができないルテインをサプリメントで補給するという考えから作られたのがやわためばえです。

 

 

 

>>やわためばえの詳細はコチラ<<

 

 

 

 

ルテインとアントシアニンの違い

目によいといわれる成分はルテインとアントシアニンです。

 

ルテインは緑黄色野菜に多く含まれており、アントシアニンはブルーベリーにたくさん含まれています。

 

ルテインは目の中にもともと存在しているもので、目を使うためにできる活性酸素というもの除去してくれて、その結果目の健康を守ってくれる働きがあります。
ただ、目を酷使すればするほど、又は加齢が原因で瞳に含まれるルテインの量は減っていきます。
しかも、ルテインは自分で作り出せませんので、食べ物で補給する必要があります

 

一方、アントシアニンは紫色の色素を持っていて目の中の網膜という部分にあるロドプシンという物質が再合成するのを補助する役目を持ってるために、目をよくするといわれています。
再合成というのは、ロドプシンという物質は目を使うたびにどんどん分解されてしまうので、普通であればそのまま合成されますが、現代のように目をたくさん使い続けてしまうとこの再合成というのがうまくできなくなってしまうために、アントシアニンをとってあげると再合成を助け結果として目の機能が改善するというわけなのです。

 

どちらも目にとっては欠かせない成分です。

 

目の健康に役立つブルーベリーとサプリメントについて

コンビニや、ドラッグストアでは様々なサプリメントが販売されており、定期的に買っている人も大勢います。
日常的にサプリメントを摂取している人は大変多くなってきています。
忙しい人は毎日の食事の栄養バランスが崩れがちになるため、サプリメントの利用が欠かせません。健康維持のためには、体が必要としている栄養をバランス良く摂取することが大事なので、サプリメントを活用することはとても大事です。

 

サプリメント商品は様々なものが販売されていますが、その中でも時に人気が高いのがブルーベリーのサプリメントです。
植物の一種であるブルーベリーは、お菓子やジャムなどに使われますが、アントシアニンが豊富なことで知られています。
アントシアニンは、目の疲れからの回復を促進したり、目の状態を改善する作用があります。
なるべく日常的に取り入れたい成分ですが、ブルーベリーを毎日たくさん食べ続けるのは結構大変なものです。
ブルーベーリーを食べなくても、サプリメントを利用すれば、アントシアニンを効率よく摂取できるのでおすすめです。
多くの人がブルーベリーのサプリメントを使うことから、各メーカーが競って独自商品を販売しており、商品選びにも迷いがちです。

 

インターネット上にたくさんのサプリメントの人気ランキングサイトがあるので、簡単に比較検討ができるようになっています。

 

ブルーベリーのサプリメントを利用する時の注意点

ブルーベリーのサプリメントは、1日のうちいつ飲むと効果が高いものなのでしょう。

 

サプリメントは薬ではなく、あくまでも食品なので、それほど神経質になる必要はありませんが、いくつか注意すべき点があります。

 

サプリメントのメーカーから、この時間に飲んで欲しいという指定はありませんが、時間について確認しておくべき事柄は幾つかあります。

 

サプリメントを飲む時間については、何も決まりごとがなかった場合でも、認識しておいたほうが役立つことがあります。ブルーベリーには、アントシアニンというポリフェノールの一種が含まれており、サプリメント等でも摂取できます。

 

1日のうちのいつブルーベリーのサプリメントを飲むべきかを検討する時には、アントシアニンの特性が手がかりになります。

 

アントシアニンは、摂取してから体内に吸収されて効果を発揮するまでの時間が3〜4時間後であることが、知られています。ですから、目を酷使する仕事をしている人の場合は、仕事を始める少し前ではなく3、4時間前には飲んでおくといいでしょう。

 

口に入れた栄養成分が、全て効果を発揮するというわけではないことも注意しましょう。

 

吸収しやすい状態にすることで、ブルーベリーサプリメントの良さが引き出せます。食事に含まれているたんぱく質には、ポリフェノールを吸収しにくくする性質があります。

 

そのため、食事の後、少し待ってから、ブルーベリーサプリメントを使うようにしましょう。

 

空きっ腹にブルーベリーサプリメントを摂取すると、ブルーベリーに含まれているタンニンなどの成分が胃を刺激することがあります。
1日のうちどの時間帯にブルーベリーのサプリメントを飲むかで、体に及ぼす影響に差が出てしまいます。

 

ブルーベリーサプリメントの気になる副作用について

長時間、目を使う仕事をしているために、ブルーベリーのサプリメントを飲んでいるという人がいます。

 

目の疲れに対してはブルーベリーのサプリメントが効果が高いと言われているため、たくさんの人がサプリメントを愛用しています。

 

ブルーベリーが含有しているアントシアニンという成分が、目の疲れに効果を発揮しています。

 

ロドプシンというたんぱく質を再結合させる効果がアントシアニンにはあることが、目にいい理由です。目の中にロドプシンがあることで、見たものを脳へと送り届けることが可能です。

 

長時間目を使ってものを見ていると、目で見たものがぼやけたり、かすむようになりますが、これがロドプシン不足が関わっています。

 

アントシアニンが含まれているブルーベリーを食べることて、目から脳への情報伝達がスムーズに行われるようになります。

 

ブルーベリーに含まれているアントシアニンは天然成分ですので、サプリメントを飲み過ぎた時に起きる過剰摂取の弊害はあまり大きくなりません。

 

長年、ブルーベリーは食用に用いられており、お菓子の材料や、ジャムなどでよく登場してきたものです。副作用のリスクが低いことは、ブルーベリーを食べる上でのメリットです。

 

アントシアニンだけでなく、ビタミンAのような粘膜を強くしてくれるような成分も入っていることが、プルーベリーの利点です。ビタミンAについては、一度にたくさんとりすぎると妊婦にはよくない影響が懸念されていますので、妊娠している人、授乳期の子どもがいる人などはサプリメントを使わないほうがいいでしょう。