やわためばえ

目の運動で視力回復した体験談

10代からもうずっと私の視力は1.5とか2.0でしたが最近はもう少し悪くはなっている気はしますがなぜか目薬を使うのはちょっと抵抗あって使ったことがありません。

 

前に叶恭子お姉様の著書で書かれていたのですが恭子お姉様は目薬を推進されていてその目的は視力回復ではなく白目部分の白さをクリアに保ちつつ美しく(白目部分)見せる為に目薬を使うそうです。

 

私はよく電車の中や職場で目薬を使う女の子を見ると白目ケアかと思っていましたが。
視力回復についての私が最近やっているのは自己治癒力に働きかけるもので効果があれば朗報です!

 

独自の美容法でマイナス10〜20歳見えのアンチエイジングケアを提唱している吉丸美枝子先生の本で美顔体操が載っているのですが目を強めにぎゅっと閉じて5秒そして目を開けて口元もにっこりする顔体操(目をくっきり大きくする顔体操)を続けるとこれだけで視力が良くなった人もいるそうで私はそれを狙ってやっています。

 

これだけでもし目がくっきり大きくそして視力が良くなれば一石二鳥で目薬いらずですね♪

事務仕事で1日中パソコンを眺めているので、日々目の疲れを感じています。
目の疲れから首や肩のこり、頭痛まで起こすこともあります。

 

私の眼精疲労解消法は
【仕事中】
・ビタミン入りの目薬をさす。
目がスーッとするタイプの目薬は、刺激が強い気がするのであまり使用したことはありません。
・目のストレッチをする。
ぎゅーっと目をつぶったまま数秒→ばっと見開く→顔は動かさず、目だけ上下左右に動かす
これを数回(2?3分くらい)繰り返します。重かった目がすっきりするような気がします。

 

【自宅】
・できるだけ目を休ませたいので、スマホやPCの操作を控える努力をします。
(つい触りたくなるスマホですが…)
・電子レンジで蒸しタオルを作って、目の上に乗せて温めたり、市販のアイマスクを使用します。
・アイピローを乗せて眠る。適度な重みがあって、気持ちがイイです。
中にポプリが入れられるので、気分によって変えることができます。(市販のものです)

 

仕事中もつらくなる前に少し休憩したり、遠くを見るようにしています。
家にいるときはできるだけ目を使わないように注意すると、翌日だいぶ違うと思います。