やわためばえ

スマホ老眼で老け顔になる危険性

若いうちからなるスマホ老眼がもたらすデメリットの1つとして老け顔になってしいます。
10代・20代〜にとって一番大きいデメリットと感じるのではないのでしょうか?

 

何故なら、スマホ老眼になった場合、若いのに老眼鏡が必要になってしまうからです。

老眼鏡は遠近両用メガネをかけるとどうしても、老け顔になってしまいます。

 

また、見た目だけでなく、ピントを合わせている動作そのものが年齢を感じさせますよね。
新聞や雑誌を見る手を前後させる動きを私たちが、ある程度の年齢の人がする動作だと認識してしまっているからです。

 

それなら、メガネではなく遠近両用コンタクトの装着を考えれば問題ないと思う人もいるでしょうが、見え方がシャープじゃないと言われています。
そして、近視や遠視用より値段が高くなりますよね。

 

スマホ老眼でせっかくの若さを奪われる訳にはいきません。
老眼対策として人気のブルーベリーサプリを摂取したり、ブルーライトをさえぎる眼鏡をかけたり、目のストレッチを行うことで、スマホ老眼は回復できますので、症状が悪化しないうちにスマホ老眼対策を行いましょう。

 

 

スマホ老眼の原因の1つスマホ肩とは?

近年、爆発的な人気とユーザーの拡大が目まぐるしいスマートフォン。
便利でお手軽なため、ついつい長時間使用してしまうこともあるのではないでしょうか?
そんな便利アイテムでも、スマホ老眼などの弊害も多くみられるようになってきました。
スマホ肩という症状もその弊害のひとつでしょう。

 

スマホ肩というのは、日常的に前かがみの姿勢でスマホを利用していることによって、頭がからだの前方に出て肩が丸く内側に入ってしまっている状態をいいます。
この姿勢を長時間続けていると、肩や首周辺の筋肉が硬くなって、血液の流れを妨げてしまい、肩こりの原因となってしまうことがあります。

 

症状が進行すると、目のかすみや見えづらくなるというような症状があるスマホ老眼をはじめ、耳鳴りや首の頚椎症、神経圧迫によるしびれを感じることもあるため、注意が必要です。
スマホはご存知の通り、とても便利なアイテムであり、現代社会に生きる私たちの生活には欠かすことができないものです。
だからこそ、からだを壊すことなく、賢く使用していきたいものですね。

 

 

ドライアイとスマホ老眼の関係

パソコンやスマホを日常的に使用している人に多く見られる症状として、VDT症候群があります。
VDT症候群とはVisual Display Terminalの略でパソコンやスマホなどのモバイル端末やテレビゲームなどを長時間用いている生活をしている人が発症する眼や心身に影響をおよぼす症状の総称です。

 

眼の症状としては、疲れ目、目の痛み、乾き、かすみ、視野がぼやける、視力が落ちるなどの症状があり、VDT症候群の中にドライアイやスマホ老眼も含まれます。
スマホの普及に比例して、VDT症候群の症状を訴える人は増えてきています。

 

また、これまではコンピュータの画面を見続けることによって発症するドライアイが多かったことに対して、スマートフォンの普及により、ドライアイとスマホ老眼を併発する人も増えてきています。
VDT症候群の症状が多ければ多いほど、目の不調が重度化していくこともあるため、日頃からケアして目の疲れをとることを心掛けましょう。

 

スマホ老眼がうつ病の原因になる

スマホ老眼は、スマートフォンを日常的に使っている若年層にあらわれやすい眼症状のひとつです。
スマホの画面を長時間見続けることは、目の筋肉や目の奥にある水晶体を酷使するため、緊張状態が続き、ピントを合わせづらくなることによって引き起こされます。
スマホだけに限ったことではないのですが、症状を訴える人にスマホを日常的に使用している人が多いために、この名前が一般化したといわれています。

 

加齢によって引き起こされる老眼は眼鏡を使用すれば調整することができますが、スマホ老眼は個人差があるものの、常にピントが合わない状態であるわけではないので、調整するための道具がありません。

文字が読みづらくなったり歩行時にふらつきが起こるなど、視覚に障害を感じることで、次第にストレスが溜まっていくことになります。
そして、その症状が進行していくと思わぬ病気を併発してしまうことがあります。


それは、うつ病などの精神症状です。

 

日頃の生活習慣によって引き起こされるうつ病発症をさけるためにも、スマホの使用について再度見直してみてはどうでしょうか?

 

老眼対策口コミ

私のスマホ老眼対策は、スマホを1時間やった後は、目から画面を見離し、遠くに見るようにしています。
そうすると、目の疲れがスーッと抜けていきます。

 

スマホ老眼は、目の疲れからくるものなので、若いうちに目の疲れを取っていかないと、本当の老眼が怖いので、目を使わない時はなるべく遠くを見るようにしています。

 

さらに、前までは、対策をしていなかったので、視力が悪くなったのかぼやけて見えてたんですが、最近やわたのめばえというルテインサプリで摂取しています、視力回復に繋がっていると思います。

 

やわたのめばえは1日1粒で1日に必要なルテインが摂取できるので、錠剤を飲むのが不得意な私には重宝しています。

寝る前の布団の中でのスマホ操作をなるべく控えるようにしました。

 

電気がついてない状態での操作をやめるだけで、車の運転がしやすくなりました。

 

曇りや夜間に道路が見にくい状態が続いていたのですが、夜間スマホをやめるとかなり視界が広がりました。

 

あとはスマホの画面から目を少し離すようにもしています。

 

1つだけではなく、いろいろな方法を組み合わせたことがいいのかもしれません。

 


 

若い頃から両目1.5と視力はよく、きっと老眼になるのは早いだろうと思ってました。
母親からも近眼の人は老眼にならず、視力がよい人は老眼になり、人間は一生のうち一度は眼鏡をかける事になると聞いてましたので‥

 

でも、40歳の時にコールセンターに勤め、8時間パソコンの画面とにらめっこだった為、視力が一気に落ちてしまったので、老眼は遅くなるのかと思いきやしっかり目を細め手を伸ばして文字を見るようになりまた。
今や近眼に老眼に乱視まで・・・散々です。

 

対策としてはパソコン用のブルーライトカットのレンズで、仕事用は椅子に座った時に画面と書類を見やすい距離に設定した眼鏡をかけ、普段は通常の老眼鏡をかけて、極力目に負担がかからないようにしています。

 

後はブルーライトを除去する効果があるというルテインが配合されいてるやわたのめばえというルテインサプリを飲み、仕事の休憩時間や自宅ではなるべくスマホを見るのを最小限し目を休めるようにしています。

 

それでも目が疲れている時は、遠くの緑を見るようにしてます。この方法は昔から言われていて、効果があるかどうかはわかりませんが、気持ちの持ちようでスッキリした気になります)。

 

また、目の奥が痛くなる時は、蒸気でホットアイマスクを使用してます。このアイマスクはとても気持ちがよく、ぐっすり寝れます♪