高濃度ルテイン配合【やわためばえ】で老眼・白内障対策

やわためばえ

ルテインを【やわためばえ】で手軽に!

1日に必要なルテイン20mgが

【めばえ】なら1日1粒でOK

 



めばえにはルテインの働きを助ける
ゼアキサンチン・アスタキサンチン配合
摂取したルテインを効率よく瞳で活用します

お試し価格1,728円


 

 

やわたのめばえ口コミ体験談

視力が落ちてきたのでブルーベリーサプリを飲もうと思った矢先、スマホを頻繁に使うのならば、ブルーライトを防ぐ効果があるルテインの摂取が効果的だと知り、ブルーベリーサプリでなくルテインサプリにしようかと思っています。

ルテインサプリも色々あるんですが、やっぱり船越英一郎さんがCMしているやわたの【めばえ】にしようかと思ってます。
老眼鏡使用の母が船越英一郎さんのファンなので、私にやわたのめばえを推してくるのも理由の一つなんですが・・・(笑)やわためばえで治ってくれたらよいんですけどね。

 

コールセンターに勤めて8年、毎日画面とにらめっこしているためか、目の疲れがひどくて取れません。

コンタクトを使用しているのでドライアイも気になっています。
眼精疲労に効く薬を飲む前に、PCの画面から放たれるブルーライト対策をしようと思い、ブルーライト防止レンズの眼鏡を購入しました。
併用して、通販で買っているやわためばえのルテインサプリも飲むようにしたせいか、かなり眼精疲労が軽くなっています。
やわためばえだけでなくクランベリーなど食物でも目にいいものを取り入れるようにもしています。

【やわためばえ】にお試しはある?

やわためばえは2タイプの購入方法があります。


1つはらくらく定期便というやわためばえの定期購入です。
このタイプを選ぶと、1か月分のやわためばえが毎月定期的に届くようになり買い忘れを防ぐメリットがあります。

 

そうは言ってもまず、やわためばえを飲んでみて実感がなければ、飲み続けるかわからないからまずはお試しで飲みたいという方もいるでしょう。
残念ながらやわためばえにはお試しタイプはありません。
ただ、通常価格1728円(税込み)やわためばえを1袋限定の申し込みは可能です。

 

 

なら楽天やアマゾンでやわためばえを購入すればもっと安いのでは?と思った方もいらっしゃるでしょうが、残念ながら、やわためばえは楽天・アマゾンでは販売されていません。
詳しくはこちら

 

つまり、やわためばえを一番安く購入できるのはやわためばえの公式サイトの定期便になります。

 

やわためばえは半額サービスなどはしていません

 

やわたでは、初回半額や初回無料などの激安なお試しキャンペーンはされていません。

 

効果があるか試してみたい方が定期購入のしばりがない代わりに通常価格1728円(税込み)での購入のみになります。

 

ただ、やわためばえは1000円代で購入できるサプリです。
もともとが高額なサプリではないのでお試し価格は設定されていなくてもハードルが低いのがめばえの特徴です。

 

やわためばえの全額返金保障

 

【やわためばえ】はお試しがない代わりに全額返金保障を行っています。

 

例えば、やわためばえを飲んでも効果を全く感じなかった、粒が大きすぎて呑み込めなかった、臭いがダメだった、体質に合わなかったなどの理由がある場合はお気軽に返品の手続きをされてください。
尚、返品条件として、やわためばえ納品時の納品書とやわためばえが届いてから3か月以内の返品手続きが必要です。
最初にやわためばえが届いた時は万が一の返品手続きのために納品書を取っておきましょう

 

やわためばえ定期便の解約方法

 

やわためばえの定期解約は簡単です。
しかも、1か月でやめてもOKという良心的な待遇です。

 

解約方法はやわためばえが届いた際に添付されるお届け明書に変更・解約の有効期日が記載されているので、それまでに解約の手続きをする必要があります。
解約はメールでも電話でも可能ですのでご安心ください。

 

ネットでの解約方法はこちら

 

 

やわためばえの成分

●ルテイン
ルテインには、目の黄斑部の色素量を維持する働きがあり、ブルーライトなど光の刺激からの保護や、コントラスト感度の改善によって目の調子を整える機能があることが報告されています。機能性表示食品「めばえ」にはルテインが1粒に20mgも配合されています。

 

やわためばえの特徴

私たちの目が物を見るときに必要なのは視力だけではありません。
例えば、遠くまで見ることができる視力を持っていても、その視界がぼやけて見えていれば、物が見えているとは言えませんよね。

 

これは色の濃淡を認識するための力であるコントラスト感度が低下していることによって引き起こされる現象です。
コントラスト感度は目の黄斑部というところで調整を行っています。

 

黄斑部にはルテインという天然色素があり、この色素は紫外線やブルーライトなどの光の刺激から目を守り、目の調子を整えています。
ルテインはからだの中でつくることはできないため、毎日の食事やサプリメントから積極的に摂取しなければなりません。
しかし、1日に必要なルテインを摂取するにはかなりの量の野菜を食べる必要があります。
そこで、やわた めばえのように手軽にルテインを摂取できるサプリが販売されました。

 

やわためばえは、聖母マリアの花と言われているマリーゴールドという花から抽出した天然成分ルテイン抽出しているので安心して飲めるサプリです。
しかも、やわた めばえには1粒に20mgも配合してしますので、わずか1粒で1日に必要なルテインがやわた めばえだけで摂取できます。
さらに、やわた めばえは機能性表示食品として、やわたが科学的に品質と効果を確認したサプリメントだから、より信頼できる商品として目の調子を整えて、くっきり・はっきりの世界を見せてくれることでしょう。

 

やわためばえの原材料

機能性表示食品のめばえには、マリーゴールドから抽出したルテインが1粒の中に20mgも入っています。
マリーゴールドは日本でよくみられる品種ではなく

 

ルテインの眼疾患に対する予防的効果は一般的に1日あたり6〜12mgの摂取、眼の疾患に対する治療効果となると1日あたり20〜40mgの用量が望ましいとされているようなので、めばえの含有量は十分と言えます。

 

 

やわためばえに副作用はあるのか?

 

やわためばえは薬でなくサプリメントですので薬のような強い副作用は出ません

 

しかし、体質によっては、やわためばえに含まれるルテイン以外の成分によって、アレルギーの症状が出る場合があるので、服用前には必ず成分を確認するようにしてください。
以下がやわためばえの成分になっています。

 

紅花油、イチョウ葉エキス粉末 / マリーゴールド色素、フィッシュゼラチン、グリセリン、増粘剤(ミツロウ)、植物レシチン(大豆由来)、ビタミンE、ヘマトコッカス藻色素、トマト色素

 

例えば私ですと、青魚を食べぎると腕にかゆみが出るため、やわためばえの原料として記載されているフィッシュゼラチンは気になります。
もし、やわためばえを飲んだ後にかゆみが出たら、フィッシュゼラチンの可能性があるのでやわためばえを飲むのを控えようという判断に至るかもしれません。

 

このように、基本的にはやわためばえが推奨する範囲内の量でしたら副作用は出ませんが、アレルギー反応という点では、千差万別の注意が必要になります。

 

※ちなみにやわためばえを飲んでも痒みは出ませんでした。

やわためばえの成分ルテインが注目されてきた理由

ブルーベリーやビルベリーに含まれるアントシアニンが目に良いというのはCM効果もあってか、世間に浸透していますよね。

 

そんな中、カシスなどに含まれる【ルテイン】という成分が目に良いと急に注目され始めました。
何故、ブルーベリーでは役不足と思われてきたのか?
それは、老若男女、世代を問わずに急速に普及したスマホが原因です。

 

スマホ画面からは紫外線に匹敵する強い光ブルーライトが発生していますが、その光を私たちは知らず知らずのうちスマホ画面を頻繁に見るため近距離で目は浴びています。
このブルーライトが原因により、視力低下が起こり、若者が老眼を発症する現象(スマホ老眼が、社会問題になっています。

 

そんなブルーライトを除去する効果が【ルテイン】にあるということで今、非常に注目されているのです。
floraglo luteinやドクターズチョイスルテインサプリなどもあります。

 

健康と深い関係のカロチノイド

ルティンはほうれん草、ケールなどの緑黄色野菜に含まれるカロテノイドの一つです。
カロテノイドには、人参に多く含まれるβカロテン、とまとなどのリコピン、αカロチンなどのカロテン類とルティンなどのキトサンフィル類があります。
目や皮膚の健康との関係が深いだけではなく、最近の研究では、リコペンとルテインはアテローム性動脈硬化症に効果がある可能性がるのではないかとされています。

 

 

ルテインで緑内障は治る?

緑内障が進み、障害にさらされた視神経の回復は難しいですが、早期に発見された場合は進行を止めたり遅らせたりすることが可能とされています。
ルテインには科学的には証明されていませんが眼圧を下げる作用があると言われています。
緑内障の治療の一環としてルテインの摂取を薦める医師もいるそうです。
やわためばえはマリーゴールドから抽出したルテインサプリです。
緑内障予防の人にもお勧めです。

 

やわためばえはブルーベリーサプリではありません

 

やわたというと船越栄一郎さんのイメージが強く、北の国から届いたブルーベリーを思ってしまいがちです。

 

しかも、ブルーベリーも目へのサプリメントですから【めばえ】と混同しがちになっても仕方ありません。

 

ただ、やわためばえにはブルーベーリーは1mgたりとも配合されていません。

 

めばえはルテインに特化したサプリメントですのでお間違えなく・・・

 

 

加齢黄班変性(AMD)の予防にアイケアサプリは有効か?

加齢黄班変性は、黄斑部に異常が起きることで見え方に支障が出てくる病気で、老化に伴い誰にでも症状があらわれる可能性があります
黄斑部に異常が起きると、視力低下や、色がわからなくなったり、視野の中心が暗くなったり、モノが歪んで見えたりするようになります。
最近ではブルーライトの影響やストレスが原因で、若い人にも増えているそうです。

 

これまでの眼研究では、目に良い栄養素としてビタミンC、ビタミンE、亜鉛、β-カロテンが挙げられましたが、AREDS(加齢性眼疾患研究)により、亜鉛・ビタミンC・ビタミンE・β-カロテンからなるサプリメントを摂取してAMD(加齢黄斑変性)の病気が進行しにくいことが判明しました。
その後、喫煙者は亜鉛・ビタミンC・ビタミンE、ルテイン・ゼアキサンチンの摂取で進行性AMDの失明リスクが10%以上の低下(β-カロテン無しで倍加)することが判明しています。
epa&dhaは結果に影響しないことも分かりました。

 

この結果をもとに、ボシュロムからはルテイン・ビタミン&ミネラルサプリのオキュバイト+ルテイン、参天製薬はサンテルタックスなどの製品が販売されています。

 

ルテインとルチンの違い
るてぃんとルチンを同じ物だと思いがちですが、全く違う栄養素です。
ルチンはポリフェノールの一種で、お蕎麦に多く含まれています。
ルチンは毛細血管を強化し、視力低下の予防などに繋がります。
また、ルチンを摂ることで網膜黄斑部を補修することにもつながりますので加齢黄班変性の予防にもなるのです。

 

食事でもアイケアを

目に良い栄養素をサプリで補うのはもちろん大事なことですが、基本は食事で摂ることです。
マルチビタミンで基本的な栄養素を整えるという人もいるかもしれませんが、できるだけ食べ物から摂るようにしましょう。

 

ここで目に良い栄養素と食材・効能などを紹介します。
クロセチンとは、クチナシの果実や香辛料・高級ハーブとして知られているサフランに含まれるカロテノイドの一種です。コリをほぐし眼精疲労を軽減、血流の改善。
緑茶に含まれるカテキンはルテイんなどと同様に抗酸化作用があり酸化ストレスから目を守ります。
バナナ、すいか、アボガドに含まれるカリウムは浸透圧を維持して筋肉の収縮活動を滞りなくして目の健康をサポートします。
牡蠣、納豆、落花生などに含まれるマグネシウムはブルーライトによって破壊されやすいと言われる網膜の視覚色素を守ってくれます。
豚肉、納豆、たらこ、うなぎに含まれるビタミンB1(チアミン)はひとみにエネルギーを与え、疲労物質の蓄積を防ぎます。
イワシやサバに多く含まれているQ10は活性酸素を除去し目を守ってくれます。
麹で作る甘酒は目のクマに効くと言われています。
大豆食品に含まれるイソフラボンは、目の血行を良くしドライアイを予防します。
レバーに含まれるビタミンB12は目の細胞の新陳代謝を活発にします。

 

 

 

機能性表示食品とは?

機能性表示食品とは平成27年4月1日から始まった機能性表示食品制度によって定められたルールに基づいて事業者が食品の安全と機能性に関する科学的根拠などの必要事項を発売前に消費社長に届けると表記できるものです。

 

機能性表示食品は、生鮮食品などを含めたすべての食品が対象となり、疾病を発症していない人を対象とした食品である必要があります。
特定保健食品とは異なり、安全性や機能性に関する審査を国が行っていないなどがあります。

 

表記方法は「おなかの調子を整えます」「脂肪の吸収をおだやかにします」など、特定の保健の目的が期待できるようなものです。
商品や成分の安全性や機能性に関しては事業者の責任のもと補償されており、より詳しい情報を知りたい場合には、消費者庁のウェブサイトで事業者が届け出た内容を閲覧できます。

 

つまり機能性表示食品と表示されている商品の方が機能性表示食品と表示されていない商品より期待できる商品なのです。
※やわた めばえは機能性表示食品として登録されています。

最近話題のスマホ老眼にもめばえは有効

最近スマホ老眼という言葉よく聞きませんか?
60代前後でなるいわゆる「老眼」と異なり、20代30代の若い人でもなりやすい病気のことで、スマホなどを常用しすぎた結果、目の毛様体という部分に負担がかかってしまって、目のピントが合わなくなってしまい、まるで老眼のような症状が出てしまうことを言います。
最近では幼児からスマホで動画を見せたりするのも普通になっていますので、眼精疲労の若年化も心配です。

 

ではそんなスマホ老眼にルテインがたっぷり配合されているめばえは有効です。
スマホから発生するブルーライトの光をめばえに含まれるルテインが除去してくれるからです。

 

しかし、ruteinnだけとっていても、スマホ老眼は改善できません。
ブルーライトや明るさを調節することです。ブルーライト専用のメガネなどもありますが、明かりを最大パワーにしないのも大切です。

 

それに目が乾燥するのを防ぐ必要があります。
どうしても一つの画面をずっとみているので目は乾き気味になり、その結果老眼の症状が進んできます。
乾燥を防ぐために目薬をこまめにさすことを心掛けましょう

 

あとは目の筋肉を弛緩させるために遠くを見るのも大事です。
近くでスマホの画面ばかり見ている人が多いと思いますのでたまにはスマホから目を離し遠くをみてリラックスしましょう。

 

最後に当たり前のようですが、スマホばかりみない。
意識してスマホ時間を最初は1割でいいので削減できるように頑張りましょう。

 

視力回復トレーニングをしよう

フジテレビ「バイキング」にも出演したアイトレーナー今野清志先生 がスプーン1本で出来る目の体操を紹介しています。
目の周りの血行を良くすることで老眼、ドライアイ、眼精疲労なども予防改善ができると言います。
温めたスプーンで軽く叩きタッピングしたり、ゆすったりさすったりしながらマッサージを行うと良いようです。
また目の周りにあるツボも刺激され血行もよくなるようです。
他にも歌舞伎役者の目の動きをまねた目の体操なども有効だといいます。
やわためばえと併せて目のトレーニングもお勧めです。

ルテインの飛蚊症への効果

太陽の下など明るいところで、実際には存在しないごみくずや虫のようなものが空気中に浮遊しているように見える飛蚊症は、ほとんどの場合に治療法がないと言います。

 

その原因は、病気や外傷性のものを除くと、その多くは加齢や日常的に目を駆使することによるもので、目の中にある水晶体部分に水垢のようなものが溜まってしまうことにあります。
この改善策として用いられるのがルテインです。

 

ルテインは水晶体に存在する成分で、抗酸化作用によって目の機能維持や視界をクリアにする作用があります。
ルテインサプリを飲みはじめて飛蚊症の症状が緩和したという多くの報告があります。
もちろん、自覚症状がない人が予防としてサプリを摂ることにも効果を示します。

 

そんな飛蚊症の症状に苦しむ方にとって、やわた めばえのように1日に必要なルテインを確実に摂取できるのは重宝されているようです。
飛蚊症でストレスを感じる前に、毎日のサプリで症状を未然に防ぎたいものですね。

 

ルテインサプリいろいろ

やわためばえだけでなく色んなメーカーからルテインサプリは出ています。

わかさ生活 ルテインα(アルファ)※ケミン社のFloraGLORルテイン使用
小林製薬 ルテインブルベリーメグスリノキ
ナチュラリープラス スーパールテイン
大塚製薬ネイチャーメイド ルテイン
FANCL えんきん
株式会社ナチュラリーヘルスフーズ アイガード(トコトリエノール配合)
イヌ用サプリ アイサポート(ルテイン、リボフラビン、ブドウ種子抽出物)

海外サプリの注意点
hbwサプリメントなどで海外のサプリメントを購入したいという場合もあると思いますが、注意点としてはアメリカンサプリはアメリカ人に合わせているので、場合によっては、私たち日本人には合わないどころか栄養素の過剰摂取になってしまうケースもあります。
さらに日本とは成分表示などのルールも異なるので、何かあった場合の責任追及が難しいので気を付けましょう

 

飛蚊症にはルテインだけじゃない!

松樹皮エキス(エンゾジノール、フラバンジェノール、ピクノジェノール)は、フランス海岸、ニュージーランド、そしてフィンランドと環境汚染の最も少ない地域で農薬など一切使用せずに育てた松から取れるエキスです。
最近では美容面でも注目されている成分です。

 

松樹皮エキスは、40種類以上のフラボノイド特性を持つ低分子の特有の物質が含まれており、ビタミンCの50倍、ビタミンEの200倍の抗酸化力があり、網膜の毛細血管を修復し強化するとされています。
飛蚊症や加齢性黄斑変性の予防のためにも食生活の改善と共に、抗酸化性を持つサプリメントを上手に摂りましょう。

 

めばえの販売元やわたってどんな会社?

やわためばえを販売しているやわた【八幡】
CMは船越さんやわたのイメージキャラクターとしてすっかり定着していますよね。

やわた【八幡物産株式会社】とはどんな会社なんでしょうか?

八幡物産は鳥取県を所在地にある通信販売を中心とした健康栄養食品会社です。

やわたはやわためばえを初めとし多数のサプリを販売しているのですが、こだわりはそれぞれのサプリ成分を包むソフトカプセルの原料です。
やわたのこだわりは、カプセルとしての強度を保ちつつ溶けやすく吸収されやいカプセルはすべて自然由来の物から作られています

もちろん、このカプセルはやわためばえにも用いられています。

やわたの多数あるサプリメントの中で機能性表示食品は、めばえだけです。
2016年12月現在

つまり、やわためばえは八幡の中でも自身をもっておすすめできるサプリメントなのです。

八幡物産の社長


若い方ですよね




やわたの主力商品ローヤルゼリー


やわたのローヤルゼリーは高濃度でローヤルゼリーが配合されているので人気です。
1か月分で3240円

定期購入にすれば3078円と継続しやすい価格です。

年齢が高い方から健康維持と美容を兼ねて服用している方が多いようです。



やわためばえのCM


やわたと言えば、船越栄一郎さんのが有名です。
ただし、ブルーベリーでめばえではありません。

CMを見てみましたが、船越は出演されていませんでした。

やわためばえはTVショッピングで紹介されているだけでなくCM放送もされていましたが
現在、公式ページを見ると、TV・ラジオでのCMは行われていないようですね。


やわためばえのCMに出演中の女優って誰?


2015年に放映されていた、やわたのブルーベーリーのCMに女優さんが起用され放映されていました。

女優さんのお名前は伊東愛さん

TVではなくどちらかというと舞台で活躍されいてる女優さんのようです。